WATERPROOF CONSTRUCTION雨漏り・止水防水工事
雨漏り・止水防水工事
止水防水工事

従来より打繋部やクラック等の漏水の止水工法として様々な工法で工事をおこなっていましたが、パーフェクトな工法は殆どありませんでした。
耐久性という点では信頼性の乏しい状況で、都心部に於ける大規模な深度化が進行する中で、止水・防水にますます高い技術が要求されている現状に出来たのが、ハイドログラウト注入工法です。
この工法は今までに無かったほどの高い技術で、ほぼパーフェクトに止水・防水をします。

特徴

1.事前の計画が可能

打繋部の止水・防水が計画的に検討できます。

2.施工の容易性

機動性のある機器により現場の省力化が図れます。

3.止水・防水の確実性

注入剤の膨張圧により微細な隙間まで圧入できるため止水効果が抜群です。

4.効果の長期持続性

注入剤は耐久的に優れ効果が長期間持続します。

5.安全性

作業者及び環境面への安全性は公的機関により証明されています。

6.経済性

従来の工法に比べ最初の施工で長期間持続します。

インジェクトパッカー工法の施工方法
STEP1

足場仮設工

STEP2

調査工

漏水箇所のクラックの大きさを計測、および注入孔ピッチ、斜削孔の角度を決める。

STEP3

削孔工 約13.5mm

電動削孔機に外経13.5mmのドリルを用いてクラックを貫通させ、削孔経内を高圧エアーで清掃する。

STEP4

パッカー設置工 約13.0mm

削孔経内に外経13.0mmのパッカーを差し込み、注入圧力20kg/c㎡以上に耐えられるようにしっかりと取り付ける。

STEP5

注入工 注入剤

パッカーよりホース注入ポンプに接続して初期圧力2.0kg/c㎡以上に達するとクラック全体に浸透し、更に構造物背面に充填され表面により注入剤が溢出する。その時点で注入を完了する。(注入圧力管理とする。)

STEP6

仕上工事 注入剤

圧力注入された注入剤(ハイドログラウト)はクラックの中に浸透し、更に地山に浸透形成され、パッカーを取り外しても漏水がないことを確認して、穴埋めを行う。周辺コンクリートの色彩に合わせて配合モルタルで仕上工を行う。 施工完了後は、原型のままの仕上がり。

足場仮設工

調査工

漏水箇所のクラックの大きさを計測、および注入孔ピッチ、斜削孔の角度を決める。

削孔工 約13.5mm

電動削孔機に外経13.5mmのドリルを用いてクラックを貫通させ、削孔経内を高圧エアーで清掃する。

パッカー設置工 約13.0mm

削孔経内に外経13.0mmのパッカーを差し込み、注入圧力20kg/c㎡以上に耐えられるようにしっかりと取り付ける。

注入工 注入剤

パッカーよりホース注入ポンプに接続して初期圧力2.0kg/c㎡以上に達するとクラック全体に浸透し、更に構造物背面に充填され表面により注入剤が溢出する。その時点で注入を完了する。(注入圧力管理とする。)

仕上工事 注入剤

圧力注入された注入剤(ハイドロアクティブタイト)はクラックの中に浸透し、更に地山に浸透形成され、パッカーを取り外しても漏水がないことを確認して、穴埋めを行う。周辺コンクリートの色彩に合わせて配合モルタルで仕上工を行う。 施工完了後は、原型のままの仕上がり。

施工例

施工前

施工完了

コンピュータ制御室切付部

地下道床面打継部

コンピュータ制御室壁面打継部

使用材料について
材料名 タイプ 規格 製造所名
ハイドログラウトA イソシアネート類 18㎏ / 缶 ㈱ダイフレックス
ハイドログラウト90 アミン類 0.8㎏ / 缶 ㈱ダイフレックス
施工手順
a
a
施工工程
STEP1

現場調査

①漏水箇所を確認し、原因となっているひび割れ(幅や長さ)やコンクリート打ち継ぎ(幅や長さ)又はジャンガ等の範囲を調査する。必要であればコンクリートの劣化状況等を調査する。

使用工具:打検ハンマー

STEP2

マーキング養生

①現場状況や仕様に応じて注入孔の位置を決定しマーキングをする。
②周辺の床や壁又は機材などにシート類にて養生をする。

使用工具:チョーク・ブルーシート・ガムテープ類

STEP3

注入孔削孔

①マーキングした箇所にハンマードリルなどでななめに穿孔する、この時打ち継ぎ面やひび割れ面の躯体中央より奥を貫くよう垂直より30度で穿孔する。

STEP4

注入孔内部清掃

①ブロワ―等にて穿孔穴部内の切削粉を十分に除去・清掃します。

使用工具:ブロワ―等

STEP5

注入プラグ取付

①注入孔に注入プラグ(逆止弁付注入用)を差し込み、メガネレンチ等で十分に締め付ける。
※締め付けが充分でないと注入時にプラグの抜けにつながるのでしっかり締める事。

使用工具:メガネレンチ・充電ドライバー

STEP5

ハイドログラウトAの調合

①ハイドログラウトAの硬化速度をコントロールする促進剤の基本添加量はハイドログラウトA18㎏に対し0.8㎏する。

STEP5

ハイドログラウトA注入

①注入ポンプ(高圧ポンプ等)により注入開始、打継ぎ等水平部は片端部より、縦及び斜めのひび割れは最下部より注入し、隣接注入部より漏水等の箇所からの樹脂の流出等により確認し順次注入する。

使用工具:注入ポンプ

STEP5

仕上

①全面注入完了後、注入材の硬化を見計らい、注入プラグを撤去。
②モルタルやメクラ栓などで穿孔穴を塞ぎ仕上げを行う。

使用工具:ハンマー・メクラ栓・左官ゴテ

STEP5

清掃

①あふれ出た注入材をかたづけ、施工箇所をきれいに清掃する。

使用工具:ホウキ・塵取り

現場調査

①漏水箇所を確認し、原因となっているひび割れ(幅や長さ)やコンクリート打ち継ぎ(幅や長さ)又はジャンガ等の範囲を調査する。必要であればコンクリートの劣化状況等を調査する。
使用工具:打検ハンマー

マーキング養生

①現場状況や仕様に応じて注入孔の位置を決定しマーキングをする。
②周辺の床や壁又は機材などにシート類にて養生をする。
使用工具:チョーク・ブルーシート・ガムテープ類

注入孔削孔

①マーキングした箇所にハンマードリルなどでななめに穿孔する、この時打ち継ぎ面やひび割れ面の躯体中央より奥を貫くよう垂直より30度で穿孔する。

注入孔内部清掃

①ブロワ―等にて穿孔穴部内の切削粉を十分に除去・清掃します。
使用工具:ブロワ―等

注入プラグ取付

①注入孔に注入プラグ(逆止弁付注入用)を差し込み、メガネレンチ等で十分に締め付ける。
※締め付けが充分でないと注入時にプラグの抜けにつながるのでしっかり締める事。
使用工具:メガネレンチ・充電ドライバー

ハイドログラウトAの調合

①ハイドログラウトAの硬化速度をコントロールする促進剤の基本添加量はハイドログラウトA18㎏に対し0.8㎏する。

ハイドログラウトA注入

①注入ポンプ(高圧ポンプ等)により注入開始、打継ぎ等水平部は片端部より、縦及び斜めのひび割れは最下部より注入し、隣接注入部より漏水等の箇所からの樹脂の流出等により確認し順次注入する。
使用工具:注入ポンプ

仕上

①全面注入完了後、注入材の硬化を見計らい、注入プラグを撤去。
②モルタルやメクラ栓などで穿孔穴を塞ぎ仕上げを行う。
使用工具:ハンマー・メクラ栓・左官ゴテ

清掃

①あふれ出た注入材をかたづけ、施工箇所をきれいに清掃する。
使用工具:ホウキ・塵取り