TILE FIXING METHODタイル固定工法
タイル固定工法
低振動・低騒音のタイル固定工法・タイル・モルタル浮きの確実な施工
低振動・低騒音 強度が高い クオリティーの高い美観

外壁改修は3層浮が基本になります。石、タイル、モルタルの浮きを、安定した強度で、外見は美しく維持できる剥落防止工法です。

特長

1.低振動・低騒音

無振動・低騒音のドリルを使用している為、施工作業中でも振動や騒音、かじり音などを低減することができます。病院や公共施設、オフィスやマンションなど、日中でも作業時間を気にせずに工事をすることができます。

2.強度が著しく高い

注入口付きのアンカーピンはステンレス加工のため、錆びにくいく、せん断・引き抜き強度が非常に高く両端固定で確実に陶片を押さえます。

3.クオリティーの高い美観

キャップ一体型のラージネックピンであるため、仕上がりがとても綺麗になります。施工後のピンニング部分をお確かめください。

JKテラピン工法の施工手順
STEP1

穿孔位置の決定

タイルの中心部にマーキングします。タイルにひび割れが生じている場合は、ひび割れの両側2カ所に打つことを原則とします。

STEP2

穿孔・2段堀り

低騒音・低振動ドリルを使用し、穿孔深さは躯体に20mm以上とします。化粧キャップ装着のための2段堀りは、化粧キャップメーカーが指定するビットを使用して下さい。

STEP3

アンカーピンの挿入

アンカーピンを穿孔した箇所に挿入し、専用の打ち込み棒で内部コーン(中玉)を所定の位置まで打ち込みます。

STEP4

注入作業

樹脂注入器(グリスポンプ)を用いて、エポキシ樹脂(又はアクリル樹脂)を静かに漏れがないことを確認しながら注入します。

STEP5

仕上げ

エポキシ樹脂(又はアクリル樹脂)注入終了後、タイルと同色に調色した化粧キャップを挿入し仕上げます。

穿孔位置の決定

タイルの中心部にマーキングします。タイルにひび割れが生じている場合は、ひび割れの両側2カ所に打つことを原則とします。

穿孔・2段堀り

低騒音・低振動ドリルを使用し、穿孔深さは躯体に20mm以上とします。化粧キャップ装着のための2段堀りは、化粧キャップメーカーが指定するビットを使用して下さい。

二段掘り

ミストドリルを用い、一段掘りされたタイル面に、座掘り穿孔する。 (穿孔の深さは約3mm程度)

より確実な穿孔値が必要な場合に

内視鏡により必要な穿孔深さが得られる 特殊内視鏡カメラ(ミニ・ボアスコープ)を用い、タイルの穿孔部より内部を調査、浮き部の確認と躯体までの深さが把握でき、必要なアンカーの長さが確定できる。

アンカーピンの挿入

アンカーピンを穿孔した箇所に挿入し、専用の打ち込み棒で内部コーン(中玉)を所定の位置まで打ち込みます。

注入作業

樹脂注入器(グリスポンプ)を用いて、エポキシ樹脂(又はアクリル樹脂)を静かに漏れがないことを確認しながら注入します。

仕上げ

エポキシ樹脂(又はアクリル樹脂)注入終了後、タイルと同色に調色した化粧キャップを挿入し仕上げます。